バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『トリビア』

GUEST’S WORD

「ちょっとした雑学」


男性ゲストの一言。

いつもゲストのお話を伺っていると、「へぇ~」と
いう感嘆詞が自然と出てしまう程、博学なゲスト。
この日も、新しい「へぇ~」が飛び出すお話を
聞かせて頂きました。
さてさて、どんなトリビアが…。

『今度、愛宕神社に行ってみようと思ってるん
 ですよ。近くに有るのに行った事が無くって。』


『徳川家康が防火の神として作ったんだよね。』

『の割にはその後何度も大火に見舞われてます
 よね、江戸w』


『だよねぇw
 愛宕神社と言ったら、愛宕山。
 23区内で一番高い自然の山なんだよね。』


『へぇ~、神社に行くにも急な階段を昇って行くん
 ですよね。』


『「男坂」、「出世の石段」とかって言われてるよね。
 ここで、ちょっとした雑学、披露しちゃっても
 イイかなwww』


『お願いします♪』

『愛宕トンネルって有るでしょう。』

『愛宕山をぶち抜いてる。』

『そうそう、あれって23区で唯一山をくりぬいた山岳
 トンネルで、静岡の天城トンネルと同じ造り方で
 出来てるんだって。』


『へぇ~♪
 「天城越え」とか「伊豆の踊子」の?』


『そうそう。』

『なんか脇に有エレベーターみたいの有りますよね。』

『放送博物館に行けるよね。』

『そうなんですか?放送局が有った様な事は聞いた
 事が有りますけど…。』


『NHK発祥の地、ラジオだけどね。玉音盤とか保存
 されてるみたいだよ。』


『へぇ~、そこも行ってみたいなぁw』

『面白いかもねw』

小物 へえ ボタン


そんなゲストの一杯目は
『フォアローゼスブラック』のソーダ割り


sake51


ゲストの皆さん、色々なジャンルで得意分野を
お持ちで、お酒を呑みながらお話して下さいます。
初めて聞く事や、今まで持っていた知識より、
もっと詳しく教えて頂いたり。時には、詳しいゲスト
同士で意見を交換したりしてw

途中から脱線して、全然関係の無い話になって
行く事も良くあることだけど、これ又楽し。

皆さんも、カルバスでのトリビアの泉を楽しみに
いらっしゃいませんか?
毎回とは言いませんけど、かなりの勢いで、
「へぇ~」ボタンが押せますよw
スポンサーサイト

『慌てない』

GUEST’S WORD

「子供はもっと」


男性ゲストの一言。

いつも歴史の話や、古典芸能から経済・政治、
広告・宣伝 etc と幅広い話題で楽しい会話を
して下さるゲスト。
この日は、ひょんな事から小さな我が子への
接し方の話になりました。
想像と現実の違い、父親の思い、これ又興味
深い話しに…。

『私が幼い頃、ちょっとした擦り傷をおでこに作っ
 ちゃって、仕事から帰って来た父に見つから
 ない様に、母が苦労したなんて話聞くと、自分
 で言うのも変ですけど、父親にとって娘って
 言うのは、特別なものなのかなぁってw』


『僕も小さい頃身体が弱かったからw男だけど
 「親父にもぶたれた事無いのに!」って感じ
 でしたよwww
 その分兄貴に鍛えられましたけどw』


『うちも女の子一人だけど、そこまでじゃないか
 なぁ~。』


『怪我とかするとアタフタしちゃいません?
 私なんか想像ですけど、むっちゃ過保護になり
 そうwww怪我なんかしたら大慌てしそうw』


『そんな事ないってw総子さんだったら腕とか
 切って、血が出てても「平気、平気!」って
 絆創膏貼っておしまいって感じのお母さんだと
 思うけどなぁ、絶対www』


『エェ~、そうですかぁ。危なそうな所には近づかせ
 ない位かと、自分では思ってるんですけどぉ~w』


『そんな事ないって、実際はねw
 怪我も病気も、その程度によってだけど、大抵の
 場合は「大丈夫、大丈夫」って言うから。
 親がビックリして、アタフタしてると子供はもっと
 不安になるでしょう、だからね。』


『なるほどぉ~、自然とそうなるんですかね。
 想像してるのとは違うんだなぁ~。そう聞くと、
 確かに、大したケガじゃ無かったら「唾でも付け
 といたら治る」とか言ってそう私www』


『そりゃ大袈裟だけど、親ってそんなもんだよ。
 僕が本当にビックリしたのは、うちの子が、当時
 吸ってた煙草を食べちゃったときだよ。
 口の中に手突っ込んで吐かせて、病院連れてて
 胃洗浄して貰って…、その後10年間、タバコ
 吸わなかったもんwww』


『物心ついて、煙草は食べ物じゃないって解るまでw』

『そうwww』

『相当驚いたんですねw』

『さすがにアタフタw
 私の煙草だし、責任感じちゃったし。
 その娘も、今じゃ、高校生だけどねw』


人物 親子


そんなゲストの一杯目は
『フォアローゼスブラック』のソーダ割り


sake51


親の心子知らず。
子の心親知らず?

子が親になって初めて、育ててくれた親の気持ち
が解るってよく言いますよね。
正にそうなんだろうなぁ~。
その点で言うと、いい歳して、私は本当の所の、
親心ってのは、解っていないのかもしれません。
年齢による経験値と情報で、親の気持ちにより近い
考え方が解ったり、想像が出来るようになっている
だけなのかもしれません。

親が、子供の気持ちを解ってくれないと、若い頃は
反抗したり、もともと自分達だって子供だったくせに、
なんて、悪態吐いたりする思春期も有りますしね。
きっと親は、経験してきた自分の子供の頃の記憶を
辿って、同じような失敗は、して欲しくないからこその
先回りなんでしょうけどw

なんにせよ、親が子に対する思いは、幾つになっても、
何にも代え難い唯一無二の大切なもの。
その思いに、気付けて、包まれていられる間は、本当
に感謝しなくては…ですよね。

『勘違い』

GUEST’S WORD

「来ない訳には」


男性ゲストの一言。

九州から仕事の研修で東京にいらしていた
ゲスト。
久しぶりに元気な顔を見せて下さいました。
フェイスブックでつながってはいるものの、
この日、東京にいらしているとはつゆ知らず、
ビックリしたのはこちら側だけだったようで…。
呑み始めたらいつもの様に、周りを巻き込ん
で、笑いの絶えない楽しい時間の始まり始まり。


『こんばんは…。』

『おぉっ!久しぶり!』

『出張?』

『仕事の研修で、明日、最後の研修終わったら
 帰るんですけど…。』


『そうなんだぁ、研修って東京だったんだぁw』

『フェイスブックで、朝、走ってるってアップしたら
 総子さんがイイネしてくれたんで、てっきり東京
 来てるって知ってると思ったんですよ。そしたら
 来ない訳に行かないじゃないですかwww』


『ごめん、ごめんwww気を使わせちゃったね。
 っつーか、こっち来てんなら顔出してよwww』


『顔は出しますよw間違いない。』

『彼、目黒の頃から来てくれてたんですよ。』

『あっ、じゃ、会ってたかもしれませんね。』

『やっぱ、あっちからの?』

『はい、二十歳からお世話になっててwww』

『そうですかぁ、それはまた、長いお付き合い
 ですよね。あっ、名刺ありますんで…。』


『いいですよ、わざわざw』

『いえいえ、何が有るかわかりませんから、
 貰ってやって下さいwww』


『面白いデザインの名刺ですねぇ~w』

『でしょうwww』

その場にいた男性のゲスト同士が、あっという間に
打ち解けて、下から上まで幅広い話題でw盛り
上がります。

『やっぱカルバス良いなぁ~、昔と変わんないっすね。
 来週も研修有るんで顔出しますね♪
 見なさんは来週、何曜日にいらっしゃるんですか?』


小物 ガーミン マラソン


そんなゲストの一杯目は
『ハイネケン』


sake71 ハイネケン


東京に行ったら、近くまで来たら…。
「顔を出さない訳には行かない」「つい顔を見に行きたく
なっちゃう」「誰か知り合いが来てるかな」と、心に掛け
て頂けるって事は、本当に有りがたい。
そして、お店に一歩入ったら、いつもと同じテンションで
ワイワイガヤガヤ。

リラックスして、誰もが話せる環境は、ゲストの皆さんが
それぞれお持ちの性格かもしれませんが、これ又本当に
有りがたい。

そんな方々が多いことが幸いして、久しぶりのゲストも、
初めていらっしゃったゲストも、淋しい思いをせずに、
美味しいお酒を呑んで頂けること間違いなし!かとw

勿論我々も、楽しき過ごして頂けるよう、日々努力は
惜しみませぬw




Top|Next »

HOME

QRコード