バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『継続?』

GUEST’S WORD

「どうせ」


女性ゲストの一言。

20代であろう女性お二人でご来店。
これから待ち合わせて遊びに行く前に、軽く下地を
作るべく一杯w
何やら、最近集め始めたアイテムを、友達にも紹介
したくて、一生懸命説明する彼女と、付き合いが
長いであろうお友達がクールに対応している様子が、
何とも微笑ましい…。

『最近さぁ、食器集め始めたんだ♪』

『へぇ~。』

『ポーランドの食器、知ってる?』

『知らない。』

『ポーリッシュ何とかって言うんだけど、形とか柄とか
 すっごく可愛いの♪』


『へぇ~。』

『見て見て!これがそう。可愛いでしょう。』
スマホで画像を見せながら。

『うん、可愛いいね。』

『特にね、気に入ってんのがこれ。
 使った紅茶のティーパックを置いとく用小皿なん
 だけど、私はピアスとか指輪とか置いてるんだ♪』


『この間は、小さな灰皿に入れてるって言ってたよね。』

『あぁ、あれ?あれもちゃんと取ってあるよw
 でねでね、この丸いのが面白くって…』


『焼きリンゴ作るポットなんでしょう。』

『知ってるの!!』

『最近、テレビかなんかでやってたよ。』

『あっ!同じ番組かも。』

『やっぱね、どうせそのブーム長くは続かないん
 だから、あんまり沢山買わない方がイイよw
 いつもそうでしょ、あんたは♪』


小物 ポーリッシュ食器


そんなゲストの一杯目は
『ブラインドアーチャー』のソーダ割り


sake アーチャー


イイですよね、小さな頃からの幼馴染。

中学生くらいから、大人になった現在でも付き合い
がある友達。

思春期を、近くで過ごした友達というのは、何とも
こっ恥ずかしい、あれやこれを共有していたりして、
当時は、ある意味、親より深くかかわってたりする
事も有りますもんねwww

そんな友達には、隠し事も無いし、性格もお互い
熟知しているので、変な気を遣う事も一切ない。
たとえ同じ空間にいて、一言もしゃべらなくたって
お互い平気w
「怒ってるの?」とか「つまらないの?」なんて質問
はナンセンスwww

マジ、楽なんですよねぇ~。

周りで聞いていると、ぶっきら棒な物言いだったり、
なんて無愛想な人同士だろう、なんて思ったり
する事も有るくらい。

どうです?そんな友達、幼馴染がそばにいますか?

家庭を持ったり、歳を重ねたり、地元を離れると、
なかなかお付き合いも少なくなっちゃいますよね。

たまには会って、当時の空気感、感じ合うのも
楽しそうですよね。
スポンサーサイト

『駅前留学』

GUEST’S WORD

「早いですね」


男性ゲストの一言。

ワーキングホリデーを使って、日本語を勉強しに
来ている、韓国の青年お二人がご来店。
普段は居酒屋さんで呑む事が多いそうですが、
この日は、お一人が帰国されるという事で、記念
に普段とは違う所で呑もうと、当店を選んで下さい
ました。
常連ゲストの方々と色々な話をしたり、中には、
彼等にご馳走して下さるゲストもいたりしてw
楽しそうに時間を過ごして下さいました。

『いらっしゃいませ。』

『あ~、二人です。』

『どうぞ、こちら。』

しばらく、メニューを眺めて
『すみません。』

『はい!お決まりですか?』

『はい、あの、僕達は韓国人ですw
 始めて来ました♪』


『そうなんですか?解りませんでしたw』

『明日、私、韓国に帰ります。
 記念に二人で来ました♪』


『そうですか、ありがとうございます。
 ゆっくりして行って下さいね!』


『はい♪ありがとう!』

お酒を頼んでしばらくは、お二人母国語で
お話をしてらっしゃいましたが、そのうちに
常連ゲストさん達と、おしゃべりが始まり、
政治や兵役、今してる勉強、日本について
感じた事を、質問したり、されたり。
そんな話しの中で…。

『韓国でも、男の子がお父さんの呼び方を変え
 たりする?
 日本だと、パパとか、お父さんから親父に
 変わったりするんだけどw』


『あぁ!あります。』

『やっぱ、思春期くらいに?』

『いえ、30歳前後くらいです。
 結婚とかして独立して初めてです。』


『えぇ!そうなんだ、遅いよね。
 こっちじゃ、高校生くらいだよね。』


『ですよねぇ。』

『日本は早いですねwww』

その後も、好きな女性のタイプやw、将来何を
したいか、ご家族の話までも聞かせて頂いて、
帰国のパッキングをしていないからそろそろ…、
という時。

『彼はまだ日本にいます、僕も年に一度は
 日本に来たいと思ってます。又来ます。
 覚えていてくれますか?』


『勿論ですよ♪』

『よかった!今日は楽しかったです。ありがとう
 ございました。』


こちらこそ、楽しんで頂けてなによりです♪

人物 目玉の親父


そんなゲストの一杯目は
『カシスグレープフルーツ』


sake5


学校の第二外国語で、日本語を学んでいたに
しても、初めて日本に来てバイトをしながら学ぶ
という事は、そう容易い事ではないですよね。
でも、どんな話を聞いても楽しそうで、キラキラと
希望や夢が溢れてるw

「若さ」と言えばそれまでですが、見ている私達
までも嬉しくなってしまうほど。

22歳という、自分達の子供でもおかしくない年齢
の外国のゲスト達。
何を考えて、何を感じ、何を欲しているのか…。
ひと時ではありましたが、とっても有意義な時間を
過ごせました。

日本に残って勉強を続けるゲストさん、あっという
間に日本語が上手くなって行くんでしょうね。
勉強の成果を試しに、是非又いらして下さいね。
そして、優しい常連さん達に、より深い日本語を
教わってねw

『上から』

GUEST’S WORD

「どうして猫って」


女性ゲストの一言。

週末に、お友達と食事会をした後に寄って
下さったゲスト。
その席でも、話題になった話だと話して下さ
った話の内容は…。

『いらっしゃいませ。』

『一杯だけでもいいですか?』

『はい、勿論です♪』

『一人でこういうお店は慣れてないもんでw』

『そうおっしゃる女性のゲストは多いですよw』

『やっぱそうなんですか?』

『女性の一人呑みって、今でもなかなかw
 面白いですよね。』


『ですよねぇ~、まぁ、自分に勇気が無いって
 言うのも有るんですけど。』


『じゃ、今夜は勇気を出して頂いて、有難う
 ございますw』


『友達と食事しながら少し呑んだんでwww』

『えいっ!って感じですか?』

『えいっ!って感じですw
 あのぉ、何かペットって飼ってらっしゃいますか?』


『今は飼ってないです。』

『私、猫飼ってるんですよ、飼った事有りますか?』

『短い間でしたけど、一回。』

『じゃぁ~解ってもらえると思うんですけど、猫って
 超上から目線ですよねw何か悪さした後でも、
 部屋の高いとこから、ジーっとこっち見下ろしなが
 ら、「帰って来るのが遅いんだもん」みたいな感じでw
 どうして猫ってそうなんですかね。』


『でも猫好きな方ってそういう所も好きなんでしょう?』

『そうなんですよ、疲れて帰って、部屋を散らかされてる
 のに、その顔見たら逆に「ごめん、ごめん、淋しかった
 ?」なんて言っちゃっててwww
 さっきもその話ししてて、ワンちゃん飼ってる子の話は
 全然違うんですよねwww』


『確かに、犬は悪さしたって解ってると、ゴメンネみたいな
 顔してるか、自分の部屋から出て来なかったりwww』


『そうなんですよ~、それはそれで可愛いんですけどね。』

『どんな猫ちゃん飼ってるんですか?』

『うちのは…、』

猫談議は続くのでしたw

動物 猫


そんなゲストの一杯目は
『I.Wハーパー』のロック


sake16


犬派、猫派という話はよく聞く話。
そして猫派の方の意見に良くでてくる言葉は…。

「我儘」

この言葉が一度は出て来ますよねw

「我儘」な所が可愛い。
「我儘」じゃないと猫っぽくない。
「我儘」には理由がある。
「我儘」を許せる。

どうですこれw

猫以外にあてはめられないですよね。
特に人には。
生まれ変わるなら猫ちゃんかなwww


Top|Next »

HOME

QRコード