バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『最先端』

GUEST’S WORD

「無理ぃぃぃぃ~」


男性ゲストの一言。

東京には、月に一度、研修出張の為にいらしている
ゲスト。その度に足を運んでは、楽しいお話を聞か
せて下さるゲストですが、今回は一日前乗りをされて
いたようで、この日は、どこで何をされていたのか
お話しを聞くのが楽しみぃ~w

『おっ!いらっしゃい♪』

『どうもです♪』

『研修?』

『はい、明日から。』

『今日は?』

『今日はですね、面白いとこ、行って来ました。』

『面白いとこ?』

『はい、ここなんですけど…。』
パンフレットを出しながら

『あぁ~面白そう!』

『VRです♪初めてだったんですけど、むっちゃ
 楽しかったです。』


『どんなのやったの?』

『まずはですね、この「高所恐怖SHOW」ってのを
 やってみたんですよ。いやぁ~、無理ですねw
 いきなり上空200メートルに連れて行かれて、
 細っい板の上歩いて、5メートル先に居る子猫を
 連れて来て下さいってwww
 もうですね、無理ぃぃぃぃ~なんですよ!』


『それだけで終わっちゃったの?』

『はい、係の人が猫連れて来て、終わりですwww
 違う物やりました。
 スキーとか、ドラゴンボールのフリーザになって
 元気玉投げて来ましたwww』


『なにそれwww
 でもそんなにリアルなんだね。じゃ、マスターも
 絶対だめだ。』


『マスターも高所恐怖症ですか?
 だったら無理ですよwww』


『ムリムリ、俺だったら失禁するよwwww』

『ドラゴンボールは面白いですよ♪
 4人ぐらいの仲間で行ってやるとですね、楽しいと
 思います。』


『えっ?あっそうか、一人だったんだもんねw』

『はい♪映画を観るって言う目的も有ったんで。
 でも、一人でも充分、楽しかったですけどw』


風景 VR


そんなゲストの一杯目は
『ジョニードラム』のロック


sake40 ジョニードラム


まぁ、昔からアクティブなゲスト。
背格好もアスリート並みのごつさwww
つい先日も、フルマラソンに参加して、もう少ししたら
地元のフルマラソンにエントリー出来たらいいなぁ~
なんて、疲れ知らずなご発言。
台風の合い間をぬって、波に乗り、日本全国北から南w
勿論、お仕事も真面目にされていますよwww
業界の中でのステップアップを目指して、研修に参加
されたり、こちらも精力的!

そのバイタリティには、いつも驚きと尊敬を隠せません♪

そんな、がたいの良いゲストがVRマスクを付けて、
「ヒャーヒャー!」言いながら、一歩も動けないでうずく
まってたり、腰のあたりで元気玉を溜めてたり、岩場を
縫ってスキーを滑っている、バーチャルな姿…。
そばで見ていたかったなぁ~、それだけで楽しめそうw

遊びも、仕事も、全力投球なゲスト。
わたくしも見習いたいもんです♪
スポンサーサイト

『海老』

GUEST’S WORD

「楽しそう!」


女性ゲストの一言。

開店早々「ちょっと人数が多いんですけど…」と
初めてご来店の面々。
老若男女、グルメの会とでも言いましょうか、
色々な場所で、美味しい物を食べるという集い
だとか。食事が終わって、男性軍がもう少し呑み
たいという事で、当店を見つけて下さいました。
その中で、音楽好きのゲストがマスターと盛り
上がり、隣の女性はちょっぴり置いてきぼりw

『年代的に一緒位ですよね。』

『そうですか?僕は37年です。』

『あっ!先輩ですよw僕は39年なんで。』

『ほとんど変わんないですよねw』

『クラプトン好きなんですね♪』

『えぇ、昔のクラプトンも、アンプラグドになって
 からも…。』


『僕はどっちかって言うと、ツェッペリンとか、
 ハードロックの方に向かって行きました。』


『やっぱギターから入ったんですか?』

『ですね♪でも後はベースです。』

『なんかお二人共、楽しそうですね。良いなぁ~。』

『時代も近いし、見てた物も近いから、話が通じて
 楽しいよ♪
 それ、エピフォンですよね、イイですよねぇ~
 アーチトップ。』


『ホントに楽しそう!
 何々?エビポン?エビポンって何?』


『エピフォンだよwww』

『エビ?』

『エ・ピ・フォ・ン!』

『何?メーカー?』

『そう!そこに置いてあるアーチトップの。
 イイですよねぇ~♪
 僕、最近、5弦ベース引いたんですよ。
 低音弾いた時、良かったですよぉ~。』


『もぉ~、何だかよく解んないんですけどw
 私、蚊帳の外的なwww 
 解ります?』


『いいの、いいの♪
 こっちはこっちで呑みましょうw』


『ですよねぇ~。女子トークですよねぇ~!』

『えっ…、えぇ…w』

a41b56de5f64ab9be30018dcb095da84[1]


そんなゲストの一杯目は
『ブラインドアーチャー』のソーダ割り


sake アーチャー


男性同志が集まって、趣味の話が始まると、
幼い頃の事であろうが、現在の事であろうが、
そのテンションは変わらないですよね。

女性は中々、その中にはいる事が出来なくって、
外側で「ふんふん」「へぇ~」と聞き役にまわる
事が少なくないw

逆に、女性同士が集まって、恋愛話やコスメの
話になっちゃうと、男性は殆どシャットダウン
されちゃいますよねw

下手に、恋愛話になんか、はいっちゃったら大変。
当人じゃないのに、男性代表で矢面に立たされて
質問攻めの上、攻撃対象www

異性が話してる、話の大縄跳びに入る時には、
お題を見きわめて、回転に合わせられそうな
グループを見っけて、「お入んなさ~い♪」の誘いに
乗りましょうw

逆に、勇気をもって知らない世界に飛び込んで
みるのも、楽しいかもw

『Blue』

GUEST’S WORD

「青春の味」


男性ゲストの一言。

常連ゲストさんと一緒に、初めてご来店のゲスト。
この日は、仲間とボーリング大会、その上、優勝
されたとか♪
美味しいお酒を呑んで頂けたかな?

『こんばんは!お久しぶりです。』

『こんばんは!いらっしゃいませ。』

『ちょっとご無沙汰しちゃって、すいません。』

『いえいえw』

『今日は、先輩をお連れしました。』

『初めまして、いらっしゃいませ。』

『こんばんは、カッコイイBARですね♪』

『有難うございます。』

『さてさて、何にしますか?ここはバーボンが
 沢山あるお店なんですよ。』


『バーボンかぁ~、懐かしいなぁ~♪
 そうだなぁ~何にしようかなぁ。君は何にするの?』


『バーボン屋さんなんですけど、僕はまずCCを!』

『なんだよwバーボン頼まないの?』

『まずは、ですから。
 先輩は…?』


『じゃ~、おっ!これ又懐かしい!これにしよう!』

『珍しいですねぇ~w』

『ウィスキーもそうだけど、今は家じゃ、呑まない
 もんなぁ~。』


『ですねぇ~、家じゃハードリカーは呑まなくなり
 ましたねwww』


『お待たせしました♪』

『はぁ~、良い香り♪ホント懐かしい。
 青春の味だぁwww』


『若い頃は色々呑みましたよね。』

『そうだなぁ~、色んな所でねwww
 こちらの様なBARにも行ったし、カフェバーなんて
 のも有ったしね。
 カッコつけてたよなぁwww』


『親父のジョニ黒とか、盗んで飲んでたなぁ~。』

『わかります、所謂、居間のキャビネットの奥の方に
 大事に置いてあるの呑んじゃって、叱られるパターン。』


『そうそう!』

『ジョニ青ってのを呑ませて貰った時は、美味しかった
 なぁ、解りもしないくせにw』


『青なんてあったんですか?僕は呑んだ事ないかも。』

『1000樽に1樽の割でしか存在しないとか言われてさぁw』

『まじですか!』

『そぉだよぉ~w
 おっと、青春は呑み干したから、次は何にしようかなぁ。』


風景 乾杯


そんなゲストの一杯目は
『タンカレ』ライム


sake54


お酒の中の「青春の味」

皆さんは何ですか?

大学生の頃に、みんなでワイワイ飲んだお酒ですか?
社会人になって、初めて自分のお金で呑んだお酒とか?
恋人に教えて貰ったなんて言う、ロマンティックなお酒
もイイですよねw
反対に、浴びるほど飲んで、とんでもなく苦しい思いを
したお酒なんてのも、記憶に残るんですよねぇ~www

意識しないでオーダーして、そのお酒を口元に持って
いった時に広がる香りで、急に昔の事が思い出される…。
こんな一瞬も素敵ですよねぇ~。

自分だけが解ってて、ニヤニヤしちゃってw
「お前、なに、ニヤニヤしてんだよぉ~。」なんて冷やか
されても、「何でもないよw」って自分だけ楽しんじゃう。

あなたの青春のお酒、思い出してみませんか?

Top|Next »

HOME

QRコード