バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『任務』

GUEST’S WORD

「お前が守ってくれ」


男性ゲストの一言。

早い時間に、そっ~とドアを開けて少し照れくさ
そうにご登場のゲスト。
もう15年来のお付き合い。
当時はお互い30代だったと、今更ながら当然の
話をしては「コワイ、コワイ!」

それだけの時間が経つと、お子さんも大きくなられ
て社会人と大学生に。
まだまだ小さな子供だった頃のお子さんとの関わり
合い方を振り返るのも今だから…。

『当時は、月の半分は海外出張でさぁ、家を空けて
 たなぁ~。夜は呑み歩いてたしwww』


『でも、今でも仲良く話が出来るのは、当時、時間が
 無い中でもいいタイミングでコミュニケーション取れて
 たって事なんだろうなぁ~。』


『そうかもね、その辺は奥さんに感謝かな。俺がいない
 時でも、家の中での父親の場所を、教えてくれてたん
 だろうね。』


『素敵な奥様~♪本当に感謝ですね、それは。』

『あとは、当時4年生ぐらいだった長男にいつも言ってた
 のは、出張に出かける日の朝、玄関で「お父さんは、
 これから一週間家を空ける、だからその間、お前が
 みんなを守ってくれよ。」て…。』


『ちょっと!それカッコイイじゃないですかぁ~♪』

『そう?まぁ、今、改めて言うと何となく、そんな感じ
 しちゃうけど、当時はごく自然に言ってたんだよwww』


『4年生の男の子にとっては、重大な任務だったん
 でしょうねぇ~。』


『そうかもね、真面目な顔で「うん。」って頷いてたなぁ~
 いつもwww』


『可愛過ぎるwww』

『もしかすると、夜中に起きて家の鍵を点検したりしてたの
 かなぁ~とか思うとねwww』


『くぅぅ~』

『でね、出張から帰って来た休みの昼にあいつを呼んで、
 俺はビール、あいつは牛乳で横に並んで一気する。
 みたいな事やってたなぁ~。』


『任務完了!お疲れ!って感じ?』

『そう、そんな感じwww』

lev-koshka-lvenok-kotenok[1]

そんなゲストの一杯目は
『クレメンタイン』のソーダ割り


th[3]


父親と息子。
母親との関わり合い方とはまた違う、男同士の
何か…が有るんでしょうね。

幼い頃から男としての立ち位置を、父親から
学んだり、教わったりして。

小さいながらに「ぼくがやるべきこと」を考える
のかなぁ~。
きちんと遂行した時には、誇らしかったり、充実
した気持ちになったりするんだろうなぁ~。
でもやっぱり、お父さんに認めて欲しかったり、
褒めて欲しいんだろうなぁ~。
うふ、可愛ぇ~。

そんな風に過ごしてきた男の子達は、きっと素敵な
男性に成長するんでしょうね♪
スポンサーサイト

« 『やーめた』|Top|『ひとっ跳び』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1008-806fa70b

Top

HOME

QRコード