バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『興味』

GUEST’S WORD

「探究心は忘れたくない」


男性ゲストの一言。

久ぶりにお見えになったゲスト。
私とは年齢も近いので、20代の頃の話から現在まで
当時流行っていたもの、事、ほとんどが共有できます。
そこに、初めて会う約20歳ほど若いゲスト登場!
さてさて、話題の行方や何処に…。

『スーパーボールって日本の物かな?』

『どうなんでしょうねぇ~、ちょっと待ってください。
 違いますね、アメリカですわ。』


『そうなんだ、昔からありますよねぇ~。
 昔、キムタクがビルの二階からバウンドさせて…なんて
 トレンディードラマが有りましたよねwww』


『あったあったwwwロンバケだったっけ?』

『そうそう山口智子が「セナ~♪」何て呼んでましたよね。』

『!』

『?』

『そっか、そう言う時代だったんですよね。
 高校球児でセナって名前の奴いますわ、柘植世那。あと…
 仙台育英とやった熊谷星南。』


『あぁ!花巻東の!
 あれは、アイルトン・セナから取ってるんだろうなぁ~親の
 世代考えると。』


『ですよね、セナ有名でしたもんね。マクラーレン時代、プロストと。』

『良く知ってるねぇ~、まだ小さかったでしょう?』

それからは、相撲、ボクシング、K-1、総合格闘技、特にプロ野球
の話に至っては、なんで当時の事そんなに詳しいの?と言うほど
豊富な知識www
軽く世代の壁を飛び越えて盛り上がる。

後に残ったゲストがしみじみと、
『彼凄いねぇ~、好きなのは解るけど、やっぱり探究心が有るん
 だろうなぁ~。
 僕も探究心は忘れたくないなぁ~、大切な事だね。』


spball-02[1]


そんなゲストの一杯目は
『ワイルドターキー 8年』のロック


sake2


歳ごまかしてない?って思うほど昔の話を知っていたり、
一つの出来事のバックボーンを調べていたりして、造詣の
深い20代・30代のゲストが結構います。

親子ほど年が離れていても、淀みなく会話が進んで
途中で気付いて「あれ?なんでそんなに知ってるの?」
ってな感じ。

オンタイムで経験していないからこそ興味が湧いて、自ら
調べて見たり、調べて行くと面白くなって、もっと詳しい処まで…
なんて感じの探究心。

自分を真ん中に置いて、前後どちらの時代にも、左右どんな
ジャンルに対しても探究心を持つことは、個人の知識や話題
を増幅させて素敵。

歳を重ねると、自然と経験値が上がって来たことに慣れちゃって、
能動的な気持ちを忘れがちだなぁ~、なんて事を考えさせられた
夜でしたwww

「探究心」 

いつまでも忘れないようにしたい感覚です。
スポンサーサイト

« 『山盛り』|Top|『円グラフ』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1049-a1f89298

Top

HOME

QRコード