バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『先駆者』

GUEST’S WORD

「当時から一歩先」


女性ゲストの一言。

今、国民的アイドルグルーブの解散が取り沙汰されて
おりますが、青春時代を共に過ごしてこられた奥様達
にとっては、その動向が大変気になる所ですよね。

この日ご来店のゲストも、青春時代に大きく影響を
与えてくれた、アーテイストの存在が無くなって
しまったと、悲しみながらも、思い出話をして
下さいました。

『デビッドボウイ亡くなっちゃったねぇ』

『ですね、69歳でしたっけ?』

『そう!まだまだ頑張って欲しかったけど、病気だったし
 本人は辛いよね。』


『近々でアルバム出てませんでした?』

『2週間前位かな、完璧な遺作になっちゃった。
 なんだか淋しいなぁ~、青春時代に夢中になってた
 アーティストが減って行くのって。』


『そうですよねぇ。』

『デビッドボウイって当時から、周りの人達よりいつも、
 一歩先を走る人だったのよねぇ~、音楽もファッションも、
 生き方も…。
 新し過ぎちゃって受け入れられなかったり、バッシング
 されたりしたことも有ったけど、やっぱ、カッコ良かったぁ。』


『私は、「レッツダンス」位しか知らないんですけど、
 確かにファッションとか奇抜でしたよね。
 それに、声が独特ですよね。』


『そうなのよ!良い声してるんだこれが♪
 日本の歌舞伎とか能とかにも影響されてて、衣装とかも
 すごかったなぁ~、山本寛斎とも仲良くって、衣装デザイン
 担当してた事も有ったんだよ。』


『そうなんですねぇ、なんかポスターを見た事が有る気がする。』

『あぁ~、本当に残念。
 自分の青春がまた一つ消えてしまったような…。
 きっと、こんな風に思ってる人沢山いるんだろうなぁ~。』


人物 DavidBow


そんなゲストの一杯目は
『ブラッディサム』


sake


自分が好きだったアーティストが亡くなってしまうのって、本当に
淋しいですよね。

青春時代に、一線で活躍していたアーティスト達の年齢は、
それぞれ近くて、同じように歳を重ねる訳ですから、お別れの
時期が重なる事も少なくないですよねぇ。

まぁ、縁起でも無いですけど、ファンだった人達が、一人又一人と
居なくなって行くのは、何とも言えない思いを投げかけ、残して
行くもんです。

きっと、年代ごとにそんな時期があるんですね。
先輩や親達も、そんな風に感じた瞬間が有ったんだろうなぁ~。

むか~し、夢中で聞いた曲を聞いてみようかな。
私の場合は邦楽中心になっちゃいますけど…w
スポンサーサイト

« 『やっと』|Top|『初めての』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1098-c87e4dbe

Top

HOME

QRコード