バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『引き合わせ』

GUEST’S WORD

「こんな偶然も有るんですねぇ」


男性ゲストの一言。

この日、2度目のご来店。
前回いらした時には、結構お酒を召されていたそうで、
当店の場所もうる憶えw
不安そうにドアを開けられました…。

『えっと、こちらはバーボンの…。』

『いらっしゃいませ♪あっ!こんばんは。』

『よかった♪間違ってなかったw
 前回は、結構酔っていて、スミマセンでした。』


『そうでしたか?
 そんな風には感じませんでしたよw』


『今日は違いますんで、ゆっくりバーボンを呑みに
 伺いました。
 何かお勧めの物を頂けますか?』


1杯、2杯と呑み進めながらお話をして行くと、
『以前は目黒に会社が有りまして…。』

『そうなんですか?うちも以前は目黒にお店が
 有ったんですよ。』


『どの辺ですか?』

『蒙古湯麺の場所って解りますか?』

『会社近くです!若い時には、並びのヒロで
 バイトしてたんですよ。』


『あの大盛のスパゲッティの?』

『そうです!知ってますか?』

『伺った事有りますよ!』

『何だか面白いなぁ~。』

『ヒロの向かいのアウトドアショップの隣が店でした。』

『えぇ!!そうなんですか!
 じゃ、目黒が地元とか?』


『いえ、地元は又違うんで、初めてお店を出して、何も
 わからない時に目黒に住んでる方達に、本当に良く
 して頂いてw
 もう亡くなっちゃったんですけど、茂さんって方がいて…。』


『茂さん!!!長壽庵の?』

『そうです!』

『僕も親しくして頂きました。神輿とか、バイト先にも来て
 頂いたりwww』


『うわぁぁ~マジっすか!』

『こんな偶然って有るんですねwww
 お葬式にも行かせて頂いて、残念ですよね。
 面倒見の良い方で、彼の悪口聞いた事ないですもん。』


『そうですよねぇ、お店が終わると、マスターと一緒に
 色々な所に呑みに連れて行って貰って、色んな方を
 紹介して下さって。
 今も、お店に写真飾ってますよw』


『そういう方ですよねぇ~、いやぁ今日は酔ってなくて
 良かったwww
 まずいなぁ、話が弾んで又呑んじゃいそうだ。』


風景 祭り


そんなゲストの一杯目は
『デビットニコルソン1843』のロック


sake デビットニコルソン


人との出会いの偶然って色々あります。

私自身は、オカルト的と言おうか、心霊現象的なものは
ほとんど経験も無く、あまり信じている方ではありません
が、この日はなぜか「茂さん」の存在を感じずにはいられ
ない…、そんな感じの巡り合わせでしたw

当時、目黒の若いゲストさん達を呑みに連れて行って
下さったり、神輿を担いだ経験の無い人でも、ご自分の
紹介で、華棒に近い場所を取って下さったり、お世話に
なった人も少なくはないはず。

「お世話」になった、という表現を使いましたけど、決して
恩着せがましく無く、「一緒に遊ぶ」というスタンスを崩さ
ない方でした。

印象深いのは、店にいらして私達にお酒をご馳走して
下さる時に、15歳年上の茂さんが、毎回おっしゃった
台詞は「もし良かったら、一杯呑んで頂けますか?」です。

初めてその台詞を聞いた時に「なんてカッコイイんだろう、
こんな風に、お酒を勧められる様になりたいなぁ」と、
マスターと話していました。

あと、酔ってくると「ポテンシャル」と言う単語を、乱発
(スンマセン)されるという癖もwww

「マスター、総子ちゃん、俺のポテンシャルもまだまだ
 捨てたもんじゃないだろうw」

なんて声が、聞こえて来そうな夜でしたw
スポンサーサイト

« 『始めが肝心』|Top|『参加型増殖』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1149-4feafb05

Top

HOME

QRコード