バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『疑似』

GUEST’S WORD

「価値は有るよ」


男性ゲストの一言。

転職するという会社の後輩と一緒にご来店のゲスト。
年齢が離れているという事もあって、転職してから
先の事も何だか心配そうw
まるでお父親の様に、冗談を言いながらも、色々な
話を聞いてあげたり、アドバイスをしたり…。

『こんばんは!』
『こんばんは♪』

『いらっしゃいませ。』

『なぜかこいつも一緒ですw』

『あっ、もう転職したんだっけ?』

『一応、今までの会社は退社して、新しい所は
 2週間後くらいからです。』


『あれ?普通なら、お盆休みに入る位だよね。
 休み明けからとかじゃないの?』


『はい!休み中も研修期間でw今が丁度休みで。』

『毎日、地元の友達と呑み歩いてんじゃないのか?』

『そんな事ないですよw時間を無駄にしない様に
 準備の準備として、関連の所でバイトしたり。』


『生活リズムは変えないようにしとかないと、始まっ
 てからきつくなるぞぉ。』


『大丈夫です♪』

『まっ、それでも時間は有るだろうから、本読んだり、
 色々出来るだろうw』


『本かぁ~。』

『あんまり読まない?』

『小説はほとんど読まないです。』

『おいおい、漫画ばっかとか言うなよw』

『さすがにそれは無いですけどwww』

『いい恋愛小説でも、一冊真剣に読んでみな。』

『恋愛小説ですか?』

『一冊をちゃんと読んだら、一つ恋愛をした位
 の価値は有るよw』


『本当ですか?』

『ねぇ、総子さん!』

『えっ?まぁ、確かに。
 リアルのそれとは違うけど、色々考えたり、勉強には
 なるのかなぁ~。』


『恋愛のですか?』

『まぁ、恋愛のHOW TO 本を見るよりは、自分で考え
 たり、感じたりする分、勉強になるかもねw』


『そっかぁ~。』

『何にしても、仕事が始まったら時間が取れなくなるん
 だから、今のうちに出来る事やっといた方がいいぞ。』


『はい!そうします。』

映画 恋愛小説家


そんなゲストの一杯目は
『オールドグランダッド ボンデッド』のロック


sake53


恋愛小説といっても色々ありますよね。

10代の人達が読んで、感情移入しやすい学園ドラマ風
な本から、江國香織や角田光代、山田詠美、唯川恵等、
泣ける、感動する、ハラハラドキドキする、せつなくなる
といった風に、作品や書き手によって全く違う恋愛小説。

小説全般ではなくて、恋愛小説はどうも苦手という人、
男性に限らず結構いるんですよね。

常に自分が感情移入しなくても、サラッと読んでみると
結構面白かったり、情景描写が綺麗で、頭の中の
スクリーンに映し出したりして楽しんだり…。
あっ、これって小説全般に言える事ですねw

文字から画を映し出すって、結構色々な場面で役に立つ
「何か」の訓練になるものですよw
スポンサーサイト

« 『喉元』|Top|『会話』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1161-0eef9cfe

Top

HOME

QRコード