バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『成長?』

GUEST’S WORD

「戦後の感じが…」


男性ゲストの一言。

お一人で初めてご来店のゲスト。
お話を伺うと、目黒線沿線でタイ料理のお店を
始められて1年ほど経たれたと。
サラリーマン経験もありながら、なぜタイ料理?
なぜ飲食業?なんて話をしながら終電までw

『いらっしゃいませ♪』

『一人なんですけど…。』

『どうぞ、どうぞwお近くですか?』

『微妙に遠いんですよw』

『じゃ、今日は呑み会か何かで?』

『はい、目黒に用事があって…、その帰りに。
 あの、僕も飲食なんです…。』


『普段、時間が被って呑みに行けないですもんねw』

『そうなんですよねw
 何だか武蔵小山も、前に来た時と雰囲気が
 違ってて、駅前に有った呑み屋街も無くなっちゃって
 たりして…。』


『再開発でね、ああいう雰囲気の所から無くなります
 よねぇ~。ザ・昭和みたいなwww
 屋台とか、都心でも昔は沢山出てたんですけど、
 もうないですもんねぇ~。』


『そうですよね、僕はタイ料理屋をやってるんですけど、
 見たり聞いたりなんですけど、戦後の感じというか…、
 タイに行った時に感じたエネルギッシュな感じが好きで。
 駅前の呑み屋街みたいな感じ、好きだったんですけど
 ねぇ~。』


『私も好きです!そういう店にも呑みに行ってましたよ。
 お店では料理を作られてるんですか?』


『はい♪』

『じゃ、タイにも旅行されたり?』

『そうですねw好きで。
 何年かしたら、タイのあの雰囲気も変わっちゃうん
 ですかね。』


『そうかもしれませんね。
 目黒にもああいう呑ん兵横丁みたいなの有ったん
 ですよ、良くお世話になりましたwww』


『へぇ~、それは知らないなぁw
 何だか勿体無いですよね。』


『そうですねぇ。
 屋台も大好きでしたからw』


『実際に、その頃呑めた訳でも、生で見たわけでも
 ないんですけど、高度成長期の雰囲気と言うか
 勢いって言うのが今、ないですよね。』


『そうですねw仕方ないですけどねぇ~。
 まだ生まれて無いですよねwwwその時期にしか
 得られない感覚でしょうねぇ~。さすがに私も前期
 には生まれていませんでしたよwww後期には
 生まれてましたけどwww』


『博多の屋台も、後継者がいないし、どんどん減ってる
 らしいし、なんだか淋しいですね。』


『是非、お店でエネルギッシュな営業して下さいね♪』

『そうですねw頑張ります♪』

th[7]


そんなゲストの一杯目は
『I.W ハーパー』のロック


最近、街の再開発の話をよく耳にします。
タワーマンションんが建ち並び、どこも似たような、
にわかお洒落な街が次々と出来上がって行くんで
しょう。東京オリンピックに向けて…。
それは、昭和39年の街の様子とは、全然違って
いるんでしょうかね?

街自体が新しくなって、建物が縦に伸びて行くことは、
今の都心では仕方の無い事、そう悪い事ばかりだと
思っても居られやしないし、回顧主義に浸る気持ちは
毛頭ないですが、昭和40年生まれとしては、何とも
微妙な時期に育って、当時の街の香りや、色味は、
今の自分を形成した、大切なファクターで有る事は
間違いないのです。

当時の大先輩方が、変わりゆく東京の街を見ながら
何を思ったのか、お酒を呑みながら話を聞くのも、
貴重な事かもしれませんね。
スポンサーサイト

« 『去り際』|Top|『お後が宜しいようで』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/1172-79cab166

Top

HOME

QRコード