バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『共有』

GEST’S WORD
「誰かと共有したい」


女性ゲストの一言。


常連のお姉さんと一緒に、初めて来店された妹さん。
歳の近い姉妹で伺わなければ友達同士の様。

車の免許を取って北海道を旅行されて来たとか。
お姉さんは心配だった様子で、時々「もぉ~」とか
「まったくぅ~」と言いながら妹さんの旅行話を
それでも楽しげに聞いています。

『この子せっかく北海道に行ったのに、美味しい物
 を何も食べてこれなかったんですよ。』


『仕方なかったんです。日にちも足りなかったし、
 高速乗っちゃったんですよね~、時間が無いから
 目的地まで一直線って感じでwww。』


『じゃぁ途中でどこかに立ち寄るとか出来なかったね。』

『そうなんですよ、ずっと壁に囲まれちゃって横横道路
 走ってるみたいでwww。』


『コンビにで買ったもの食べてたらしくてwww。』

『でも、ちゃんと行きたかった所は行ってきたんですよ。』

『何処ですか?』

『マイルドセブンの丘とか、富良野で地平線が丸く見える所
 とかすっごく綺麗でした。』


『この子カメラやってるんですよ。』

『へぇ~そうなんですか、いい写真撮れましたか?』

『はい♪でも感動的な所に行っても一人だったから…。
 やっぱり、ああいう気持ちって誰かと共有したかったなぁ。』


『殆ど壁だったくせにwww。』

『それはしょうがないの!だからそうじゃない所は余計に
 そう思ったの!』


images[11]


そんなゲストの一杯目は
『タンカレ』のジンバック


sake54


免許取りたてで、北海道単独弾丸ツアーという行動力には
ビックリでしたが、感動を誰かと共有したかったという
言葉を聞いて、何だかホッとした様な気持ちになったのは
どうしてかな?

美しいもの、場所、美味しい物、面白い事。

一人でも充分楽しむ事はできますよね。でもそこに誰かが
いる事で、もっともっと楽しめたり、感動できたり…。

「楽しいことは倍に、悲しい事は半分に」なんて、決まり
文句の歌詞になったりしていますけど、あながち嘘では
ないですよね。

私達は旅のお話しを伺って、感動をちょっぴり共有させて
頂いちゃいました。

スポンサーサイト

« 『お袋の味』|Top|『スカート』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/828-32f9423d

Top

HOME

QRコード