バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『バーボン』

GUEST’S WORD

「今日は勉強になりました♪」


男性ゲストの一言。

週末に初めてご来店のゲスト。
学生時代のお友達とご一緒に、お友達が仕事の関係で
静岡に引っ越されるので二人でプチ送別会。

『へぇ~、知らなかったなぁ~。』

『かっこいいね。』

『たまには一人でこういう所でウィスキーとか呑むの
 カッコイイよな。』


『いらっしゃいませ。』

『えっと、ウィスキーを呑もうと思っているんですけど…。』

『うちはバーボンが殆どなんですけど、バーボンで
 宜しいですか?』


『良く知らないんですけど、バーボンってどういうお酒
 なんですか?』


『バーボンもウィスキーなんですよ、スコッチとか
 カナディアンとか、最近は日本のウィスキーも人気ですよね。』


『バーボンはどこのウィスキーなんですか?』

『基本的には、アメリカのケンタッキー州のお酒です。
 原料の穀物中にトウモロコシが51%以上入っていて、内側を
 焦がしたオーク樽で、2年以上の熟成、貯蔵したものを
 バーボンウイスキーって言ってますね。』


『へぇ~そうなんだ。』

『すっげー勉強になっちゃった!』

『まぁ、呑んで美味しければ、どこのお酒でもイイんですけどね。
 好きなお酒を見つけて下さいね。』


『はい!でも沢山あって迷っちゃうなぁ~。』

この後も、バーボンのアルコール度数の表示の仕方や、味の
違いは何で変わるのか?色々な質問を興味深く聞いて
下さいました。
そして、そのたびに違う種類のバーボンを注文されての帰り際…。

『今日は勉強になりました!又来ます!』

風景 バーボン樽


そんなゲストの一杯目は
『ベンチマーク』のロック


sake ベンチマーク


現在では、お店で呑めるお酒の種類も千差万別。
呑み比べたり、その日の気分で変えたり、呑む相手に
合わせたり色々選べることは、それ自体楽しみですよね。

「チャンポンしたら悪酔いする」って言うのも、私の長年の
経験では味が変わって、ついつい酒量が増えて、気付いた
頃にはキャパオーバー、ってパターン。
だから、興味があるお酒を、少しづつ何種類か呑む分には、
そうそう、ひどい事にはならないかとwww

呑む前に、そのお酒の事を知りたくなる気持ちも解ります。
特に男性に多いようですね。

でも、聞かれてもいないのに、長々と薀蓄を語るのは
ホストとしてはどうなんでしょうwww
若い頃、呑みに行ってそう言う場面に出くわしては、
「もう呑んでいいっすか?」ってウンザリした事もあったなぁ。

ゲストの皆さんに質問を受けたら、簡潔にお応え
できるように準備はしているつもりです。
でも基本、呑んで美味しきゃイイじゃないっすか♪が身上
なもんで、ご満足が行く答えが得られない時も
許して下さいねwww
スポンサーサイト

« 『創造』|Top|『条件』 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://corvus1229.blog45.fc2.com/tb.php/985-c2075b91

Top

HOME

QRコード