バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『距離感』

GUEST’S WORD

「一発殴らせて」


男性ゲストの一言。

来店されるゲストの年齢。
下は20歳から、上は60代後半まで幅があります。
その中でも、30代~40代後半のゲストが多く、
中には、思春期を迎えたお子さんがいらっしゃる
方もチラホラ。
ゲストも、そんなお父さんのお一人。
ここ最近の、お嬢さんとのお話になりました…。

『やっぱ思春期って難しいのかなぁ~。この間もそんな
 話になって、中学生の息子さんが急に生意気になって
 しょうがないってwww』


『うちは女だからなぁ。』

『反抗期みたいなの有った?』

『そりゃありますよ。
 聞いてるんだか、いないんだか、注意しても「ふ~ん」
 みたいな感じでwww
 まっ、うちは鉄拳制裁ありですから。』


『えぇ!女の子は殴っちゃダメでしょう。』

『殴るって言っても限度あるしwww
 でも髪の毛掴んで引っ張り回した事有りましたけどね。』


『ひぃ~、怖いから!それって、いくら生意気言ってても
 お父さんにされたら絶対怖いって。』


『されるような事、するからいけないんですよw
 昔、ちょっと反抗期始まったかなぁ~って時のクリスマスに、
 「憲法の本、頂戴」って言われてた事有ったなぁwww』


『クリスマスプレゼントに?』

『そう、うちの奴と、泡喰っちゃって、なんじゃそりゃってwww
 叱ってても、権利と義務の話を持ち出すようになってwww』


『わかる~、私も中学生の頃、やたらと小難しい本読んじゃ
 「大人って…」なんて考えたり、反発したりしてたもんw』


『でも、この間叱ってる…って言うよりは、なぜ叱られてるのかを
 説明したら、ちゃんと謝って来て。
 やっぱうちの奴と、「おっ!」なんて感じになっちゃってwww』


『大人になってるんですよ、ちゃんと。
 それに大声で叱りつけるんじゃなくって、きちんと話をして
 くれたってのも、大きいのかもね。』


『少し前から良い意味で、子離れ出来たって言うか、
 距離感を持って、子供と向き合えるようになったって言うか…。』


『まさに、お互い親として、子供として成長しているのねぇ~www』

『また茶化してwww
 総子さんとこに子供居たらどんなだったかなぁ~?』


『うち?うちはもう、眼の中にグリグリ入れて溺愛っすよ溺愛!』

『嘘だぁ~、絶対、シバキ倒してるwww』

『残る大きな試練は結婚かぁ~「会って欲しい人が居るの」なんて
 言われちゃったら大変だぁ。』


『まっ、会わない訳には行かないから、「一発殴らせて」って
 とこから始めるかな。』


『なにそれ、全然だめじゃんwww
 こりゃ、結婚式は号泣だね。』


『絶対泣かないって、………泣くのかなぁ~?やっぱりwww』

人物 父娘


そんなゲストの一杯目は
『ブラッディサム』


sake


父親と娘の距離感って難しいのかなぁ~?
小さい時は、きっと甘えん坊で「パパ、パパ~♪」ってそりゃ
可愛いでしょうにwww
ちょっと生意気になって来て「別に、好きとかってキモイし」
なんて、言ってみたりする事も有るでしょうけど、やっぱり
好きなんだろうし。
もっと大きくなったら、「ちょっと、最近呑み過ぎじゃない?」
なんて、女房か!って突っ込みいれたくなるぐらい世話焼き
さんになって見たり。

娘にとって父親は、いつまでも大きくて、頼りになって、甘え
させてくれて、守ってくれる、ちょっぴり怖い存在なのかな?
だいぶ主観が入っていますがwww

幼い頃、食卓で父の膝の上に座って「あれが食べたい、
これが食べたい」と甘えていた事と、厳しい顔で「総子さん、
ここに座りなさい」と「Majiで叱られる5秒前」的な風景を
思い出しましたとさ。




GUEST’S WORD

「僕、言いますよ」


男性ゲストの一言。

『眠り』

GUEST’S WORD

「深く眠る」


女性ゲストの一言。

お酒大好き!な常連ゲスト。
食事から始まって、梯子の締めに寄って下さいます。
大概は週末に呑むことが多いそうで、呑む日は
とことん飲むwwwといったスタイル。
主婦業、お仕事、趣味、どれも手を抜いたり軽く済ませる
事が苦手なゲスト。
どうしても、睡眠時間を削りがち…。

『いらっしゃいませ。』

『三軒目~♪いつもの事かぁ~www』

『いつも♪いつも♪www
 美味しい物食べてきました?』


『うん♪今夜はイタリアン、っつーことでワインを1本と
 他少々。』


『えぇ~ホントに少々ですかぁ~www』

『ホントホント!今日は朝が早かったから眠くて。
 最近なんだか朝もすぐ起きちゃうんだよねぇ~。』


『そうじゃなくても寝不足気味なのに大丈夫?
 睡眠は大事ですよぉ~。』


『そう言う総子ちゃんも、睡眠時間短いでしょうwww』

『まぁ長くはないですけど、なるべく5時間は寝る様に
 してますよ。』


『5時間かぁ~、切っちゃうとき結構あるかも。
 でも、深く寝れてるのかな?でないときついよね。』


『人それぞれで、長く寝れば良いって訳じゃないみたい
 だけど…。ショートスリーパーなんですねきっと。
 寝ててイイって言われたらどの位寝てられます?』


『無理、無理www
 身体が痛くなっちゃうもん。それに頭の中で「あれも
 やらなきゃ、これもやらなきゃ」って思ってるうちに眠れ
 なくなって来て結局起きちゃうし。』


『そっかぁ~、私は寝ててイイって言われたら、御飯も
 トイレも行かないでプチ冬眠できそう。
 何か思い悩んで眠れないとかないしwww』


『ぽいよねぇ~www
 私も、もう少しスケジュール考えた方がイイのかなぁ。
 会社の人に「昼間よく起きてられるな」っていわれるし。』


『美味しいお酒呑むためにも、もう少し寝て下さい!』

『はい♪ご期待に沿えるよう頑張ってみますwww』

人 眠れる森の美女


そんなゲストの一杯目は
『山崎』のロック


sake84


適度な睡眠時間って人それぞれ。
長すぎても短すぎても「ボー」ってしちゃうし。
習慣なんですかねぇ~。

80年代の某業界では、寝不足や不健康を自慢している
人達もいましたけど、それもねぇ…。
質の良い睡眠を~、なんて寝具メーカーさん達は
おっしゃっていますが、何をどうしたら質がイイのやら。
環境・時間、言いだしたらきりがないようにも思えるしwww

自分の生活リズムに合った寝入りの時間帯に、スッっと
寝落ちる事が出来ると幸せですよねぇ~。
「今じゃないだろ!!」的な時にウトウトしたり、二度寝の
贅沢も抗えない魅力がありますが。

もう少しすると「暁を覚えず」的な季節になります。

寝ている間に、記憶のファイルが整理されたり、疲れた
身体の修復をしたり。
何も出来ない無駄な時間ではないのだから、それなりに
大切にしたいですね。

« Prev|Top|Next »

HOME

QRコード