バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『きっかけ』

GUEST’S WORD

「どうしたらいい?」


男性ゲストの一言。

たまたま顔を会わせた常連ゲスト。
いつもの様に、自然と会話が始まって
ゲラゲラ、ワイワイ。
そこへ、初めていらした外国の男性。
日本語がとても流暢で、オーダーもまるで
問題なく済ませて、スマホで何方かとやり取り。
常連さん達の会話を横目で聞いて、微笑ん
だりしてw
一杯召し上がると、スマホを見ながら、次なる
目的地へと向かうべく、お勘定を…。

『スミマセン、お勘定お願いします♪』

『有難うございます。』


『初めての人?』

『うん。』

『アメリカって言うより、ヨーロッパな感じの
 人だったね。』


『日本語上手だったね。』

『お勘定ってw』

『一杯で帰っちゃたけど…。』

『何だか約束があったみたいな感じだったよ。』

『ああいう時、どうしたらいい?』

『?』

『話し掛けた方がイイのかなぁ~とか、でも、
 スマホ触ってるし、やめた方がイイのかなぁ~
 とか。』


『ですよねぇ、僕もそう思ってチラ見したら
 スマホを触ってるから、えぇかな思ってw』


『ほっといちゃって良かったのかなぁ?』

『イイんですよw
 気を使って貰って有りがとうございますw
 お代わりされるようなら、私からって思ってたけど
 誰かと連絡取り合ってたみたいだし。それに、
 私達の話を聞いて、笑っていたし、気分が悪くて
 帰られた訳じゃ無いからwた・ぶ・んwww』


『せっかく初めて来たんだったら、イイ店だよ
 アピールをしとかないと、と思ってさw』


『そうですよね~。』

『ホント優しいゲストばっかりで助かっちゃうなぁ~w』

『ホントにそう思ってんのぉ?www』

風景 BAR ネオン管


そんなゲストの一杯目は
『I.W ハーパー』のロック


sake16


カルバスらしい一コマw

常連ゲストさん達は、自分達が友達になりたくって、
初めてのゲストに、話し掛けるべきか、掛けざる
べきかを悩んでいたのではないのです。
お店の事を考えて、まるでスタッフの様に、話し
かけた方が良かったかなぁと真剣に考えてくれて
いるのです。

有りがたい話です。

はじめてのゲストには、いいお店だと思って欲しい。
是非、また来てほしいと、ここに集う人達はみんな
優しくて、楽しくて、良い人達ですよとプレゼンして
くれるのです。

私達も、長年かけて習得した絶妙なwタイミングを
見計らってプレゼンいたしますよ、勿論!

でも、本当に有難うございます。
いつもいつも、そんな風に考えて下さって♪
ただ、どうか気を使い過ぎないでくださいね、皆さん
にとっても大切な、リラックスタイムなんですからw

「完成度」

GUEST’S WORD

「ブルゾン大丈夫か?」


男性ゲストの一言。

週末の早い時間に、BARには珍しく6名で
御来店のゲスト。
内の何名かは初めてのお顔。
伺うと、今年新入の社員の方々。
以前に「新米です!」何ておっしゃっていた
ゲストは、先輩社員となって後輩たちの面倒を…。
新入社員のお一人は、小柄の可愛らしい女性で、
近所にお住まいだそうです。
色々、お話し伺ってみようかなぁ~w

『こんばんは、6名なんですけど大丈夫ですか?』

『えっ~と…。』

『そっちにずれましょうか?』

『私も、そっち端に移るよ♪』

『すいません、ありがとうございます。
 じゃ、こちらから6名でイイですか?』


『はい!すいません、面倒な事させちゃって。
 有難うございます。』


『いらっしゃいませ。』

やっと皆さんにお酒が行き渡って、先輩グループ、
後輩グループに何となく分かれて宴の開催。
『今夜は賑やかですねw』

『近所に仲間が増えましたw』

しばらく時間が過ぎて、もうそろそろ…という頃
『もう少ししたら、上がるけど…。
 ブルゾンは大丈夫か?』


『ブルゾン!?』

『あっ、新人の彼女の事ですよw』

『私です♪』

『ブルゾンってw似ても似つかないじゃないですか。』

『新人の歓迎会で彼女、ブルゾンやったんですよw
 その完成度が高くて、高くてw』


『マジでwww
 with B もいたの?』


『はい!勿論です。』

『やる時はやるんだねぇ~。』

『ビシッと決めますよwww
 彼女は、ムサコだし通いますよぉ~きっとw』


『是非、よろしくお願いしますw』

『はい!こちらこそ♪』

『ホントか?ブルゾン大丈夫か? www』

人物 ブルゾン


そんなゲストの一杯目は
『ブラッディメアリー』


sake


一見、おとなしそうな男性や女性。
実は、結構イケイケ?な感じでw出るとこ出たら
物怖じしないタイプだったり。
その反対で、内弁慶タイプなんて方もいますよね。

ゲストと何名かとカラオケに行って、イントロが流れ
始めて「えっ!この曲歌いそうな人いたっけ?」と
思っていると「お前ら!乗ってるかぁ~!」と、まさか
のゲストがマイクを持ってスタンディングw
なんて事も過去に有りましたからwww

そんな時って、ギャップ萌えとでも言いますか、
周りの人達が彼に感じていた印象も同じだった
ようで、盛り上がるやら、爆笑が止まらないやらw

私はどちらかというと内弁慶…(ですよ、はい)。
ド~ン!と一発かませる力量を、お持ちの方々が
羨ましい、弟子入りしたいw

『途中下車』

GUEST’S WORD

「降りちゃった」


男性ゲストの一言。

ゲストの勤務先とご自宅との間に当店は有ります。
昔は、勤務先の目と鼻の先に当店が有ったので、
仕事が終わったら取りあえず!な感じでしたが、
疲れて電車に乗って、座れたらラッキーで、30分程
そのままでいたいですよねw
この日は、仕事の飲み会が有ったそうで、つい…。

『いらっしゃいませ。』

『おぅ!久しぶり♪』

『すいません、全然、来れなくってw』

『そんな事、気にしない気にしないw』

『今日は、会社の飲み会だったんですけど、電車で
 時間見たらまだ早し、降りちゃった。
 あっははは。』


『確かに早いけど、時間経つのも早いから帰り時間
 気を付けてねw』


『大丈夫、大丈夫♪』

『ホントかよwww
 お子さん達は元気?』


『上は大学生、下は高校生になったんですよ。』

『マジか!バーベキューの時は、まだ赤ちゃん
 みたいなもんだったのに!』


『ですよねぇ~、下の子が2・3歳だったかなぁ~。』

『早いよねぇ~w』

『二人共サッカーやってるんだよね。』

『も~大変ですよぉ~色々とぉ~。』

『パパさん、まだまだ頑張らなくっちゃだね。』

『そうなんですけど、これからはもう少し途中下車
 しますからねwww』


風景 武蔵小山駅


そんなゲストの一杯目は
『 I.W ハーパー』のロック

sake16


行きつけの呑み屋さんが引っ越した、やめちゃった。
いつもの帰り道のわきに有ったのにぃ~。

途中下車をしてまで、電車に乗ってまで、遠回りをして
まで、タクシー飛ばしてまで…。

そう思いますよねぇ、それ普通。

でも、ありがたい事にカルバスにはそういったゲスト方
が何人もいらっしゃいます♪
自分を置き換えてみると、本当に有りがたい事なんだと
実感できます。

「えいっ!」と降りて下さった分、楽しく、美味しくお酒を
呑んで頂けるように、努力いたしますよぉ~♪
って言うか、いつも楽しませて頂いちゃってスミマセンw

« Prev|Top|Next »

HOME

QRコード