バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『呼び名』

GUEST’S WORD

「さっきから気なってたんですけど」



男性ゲストの一言。

週末の深夜、呑み足りないから後一軒、という事で
お二人で初めてご来店のゲスト。
論文を書きながら、実際に現場に出て、お仕事も
されているというお二人。初めての当店に、興味を
持って頂けたようで、気になる所を質問攻めw

『マスターは、何だか色々と趣味が広そうですね。』

『広く浅くですけどねw』

『浅い感じには見えないですけどwww
 僕も昔、エアガンにハマって東京マルイのを買い
 に行きました。
 エアライフルとか、色々w』


『東京マルイって久しぶりに聞きましたw懐かしい。
 宮益坂にショップありましたよね。』


『行きましたよ♪』

『フィギアはマスターの趣味ですか?』

『そうですね、ほとんどはw
 でも、そこに有るパンダーゼットとか、この辺の
 車は彼女の趣味ですよw』


『へぇ~。車が好きなんですか?』

『特に車が、って訳じゃ無いんですけどねw』

『彼女は、働く車系が好きなんですよwww』

『あのぉ、お二人ってご夫婦ですか?』

『はい。』

『さっきから気になってたんですけど、マスター
 は、さっきから「彼女」って言ってましたよね、
 だから、もしかしたら違うのかなってw
 珍しくないですか?』


『ああ、「かみさん」がっていう事も有りますけどw
 ほとんど「彼女」って言ってますね。僕の事も
 「彼」って言うし、ねっ。』


『そうだね、あんまり気にしてなかったねw』

『プライベートでは、何て呼んでるんですか?』

『ひ・み・つ www
 うそうそ、第三者がいると、マスターって、
 呼ぶ時もあるし、そうじゃない時もあるしw』


『普通に名前とかですよねw
 そういえば、さっきマスターの名前を聞いた時に
 僕、同じ名前だ!って一瞬思って。』


『そうなの?』

『惜しい感じで、僕は二文字目が濁りますw』

『か・ず・ひ・ろ さん?』

『はいw』

『僕、か・つ・ひ・ろ さんw』

『何かの縁ですねw 近いんで、これからも
 寄らせて頂きます♪』


小物 名札


そんなゲストの一杯目は
『I.W ハーパー』のソーダ割り


sake16


既婚者が、連れ合いの事を話す時に何て呼ぶか?
旦那さんだったら…、「うちの奴」「家内」「妻」「嫁」
「かみさん」、「愚妻」なんてのもw「ワイフ」はさすがにねぇ。
奥さんだったら…、「うちの人」「主人」「亭主」、「宿六」
は、ないかwww 
「旦那」、「ハニー」これも無いかw

お互いに、何て呼んで欲しいかも人それぞれでしょうし、
お子さんが産まれたりすると、自然に「お母さん」
「お父さん」「パパ」「ママ」になるご夫婦が多いよう
ですね。

日本人は体裁を気にする人が多いから、ラブラブな
感じを前面に押し出すのは、苦手だったり、恥ずかし
かったりする方も多いかとwww 
極端な話だと、男性が同僚や上司と話す時に、古い
時代だと「愚妻」なんて言葉を使ったりw

まぁ、何十年もたって「おい」だの「ねぇ」だの呼ばれても、
自然に応えてる関係ってのもイイ感じですけどねw

『仲良し』

GUEST’S WORD

「お母さん、そういうものよ」



男性ゲストの一言。

初めてご来店のゲスト。
兄、妹、母の三人家族でご来店。
見るからに仲が良くて、東京にいるお兄さんの
所に、お母様と妹さんが沖縄から遊びに来た、
といった感じかな?
というのも、あまりに皆さんの仲が良くって、
お話しに、割り込んじゃう隙間も無い程w
今回、聞こえ漏れてくるお話を失礼してw

『いらっしゃいませ!』

『こんばんは、3人です。』

『うわぁ、カッコイイ店だねぇ。』

『本当だ♪』

『有難うございます。』

『何にする?』

『私は甘いのがイイなぁ。』

『お母さんは?』

『私も甘いの。』

『聞いてみたらいいよ、スミマセ~ン。』

ご注文のお酒が揃って、ご家族で乾杯♪

『明日はどうする?』

『スカイツリーに行って見たいなぁ。』

『いいよ♪ただ天気が良くないみたいだからさぁ、
 上から何も見えないかもねぇ。』


『そっか、じゃ、いいやぁw
 どう?こっちは?』


『みんな優しいし、大丈夫だよw』

『そう、良かったね。』

『そういえば、さっき話してた話…。』

『芸能界の騒動の裏でおきてる事?』

『そうそう、全てじゃないけど結構多いみたいよ。』

『SMAPの引退騒動の時とか、ベッキーの事とか、
 テレビとかで何度もしつこくやってる時には、政府が
 何かから、国民の目を逸らしたいんだって。』


『そうなのぉw』

『そうやって、情報操作されてるのかもよぉ。』

『大変だねぇwワイドショウ見てる場合じゃないねぇw』

『昔、竹村健一って言う人も言ってたらしいよ。』

『本当に?そうなの?』

『お母さん、そういうものよぉ。
 みんな知らないうちに、誤魔化されてるのかもよ
 www』


場所 沖縄 美ら海水族館


そんなゲストの一杯目は
『ヘンリーマッケンナ』のソーダ割り


sake55


お話の内容の真意はどうであれ、20代前半の子供
達の言う事を、ニコニコしながら聞くお母さん。
東京にいる、普段なかなか会えない息子に会って、
嬉しかったり、心配してたり。でも、思っていたより、
一人でもしっかりと暮らしているようで安心したりw

東京で暮らしてるであろうお兄さんも、お母様や妹さん
に会えて、ほんわか嬉しそうな表情が印象的でした。

親子3人でお酒を呑みながら話す、沖縄弁の優しい
トーンが心地よくって、何だか音楽を聴いてるような
気分でしたw


『比例』

GUEST’S WORD

「やっぱりおかしい」



女性ゲストの一言。

雪が降るほどではないけれど、何十年かぶりの
寒い日が続いている夜、初めてご来店のゲスト。
これからお友達と呑み会だそうで、待ち合わせ
まで、まだ時間が有ると、当店へ…。

『いらっしゃいませ。』

『こんばんは、一人なんですけどイイですか?』

『どうぞ!寒いですね。』

『外、すっごく寒いです。』

『仕事帰りですか?』

『はい、でもこれから呑み会なんですw』

『イイですねぇ~、でも寒いから移動する時とか
 気を付けなくっちゃですね。』


『そうですね、風邪も流行ってるし。
 何を呑もうかなぁ~…。
 やっぱりこういう寒い時って、皆さん暖かいものを
 呑まれるんですか?』


『多いですよ。』

『ホットのカクテルとか?』

『ホットウィスキーって方も多いですよ。』

『えっ、それってウィスキーを温めるんですか?』

『簡単に言うと、お湯割りですw』

『そっかw 温まりそうですね♪』

『呑んだ後の、お酒の抜けもイイみたいですよw』

『そうなんですか!良い事聞いちゃったwww
 う~ん、どうしようかなぁ…。』


『ホットにしてみます?』

『すっごく興味はあるし、外は寒かったし、そうしよう
 かなぁ~って思うんですけど、私、いつも最初は
 冷たいものを頼んじゃうんですよw
 今日ぐらい寒いと、やっぱりおかしいですかね?』


『そんなことないですよw 乾燥してるし、ゴクッと
 やりたい気持ち、わかりますよ。それにお店の中は
 暖かくしてますからwww』


『ですよねぇwww
 中は暖かいですもんね、冷たいの頼んだら、なんか
 変な人に思われちゃうかと思いましたw』


sake ホットウィスキー


そんなゲストの一杯目は
『バドワイザー』


sake83


お酒の好みは人それぞれ。

呑み方もそうですね。
何となく自分のルールを決めてる方も多いですし。
一杯目のお酒の種類は決めているだとか、逆に〆の
お酒を決めているだとか。
日本酒なんかだと、真夏でもカンカンの熱燗でないと
ダメなんて方もいれば、真冬でも冷で、という方も
いらっしゃいますしねw

ここ最近は、あまりの寒さに、まずはホットウィスキー
で温まってから…、というゲストも多いですけどね。
「とりあえずビール」みたいな感じで、「とりあえずホット」
って感じですねw

なんにせよ、ご自分の呑み方を確立されてるって事は、
中々の呑み介さん、って事ですよねw


« Prev|Top|Next »

HOME

QRコード