バーボンならCORVUSで in 武蔵小山

当店でのゲストとの何気ない会話。 お店のイベント告知なんかも! 美味しいお酒の紹介とかetc

『長持ち』

GUEST’S WORD

「有名ですよ」


男性ゲストの一言。

週末に友達といらした男性ゲスト。
落語の話、仕事の話、学校の話と、いつも色々
お友達との楽しい話しの掛け合いを、聞かせて
頂いていますが、この日は幼い頃の思い出話
から、お菓子の話に。
一体どんなお菓子でしょう…。

『甘いもの好きですか?』

『うん、俺はどっちも大丈夫。』

『和も洋も?』

『餡子も平気だし、生クリームも大丈夫。
 そんなに沢山はいらないけどねw』


『小さい頃に、食べたいって思ってたお菓子と
 実際に買ってくれてるお菓子って、違って
 ませんでした?』


『わかるw 親が買ってくるお菓子とか、ちょっと
 ずれてるんだよね。まして、祖父母になっちゃうと
 何これ?って言う感じのお菓子だったり。』


『ゼリーとか、餡子玉とかアラレとかが、袋に
 混ざって入ってるのとかwww』


『あったあったw 昆布みたいなのも入ってた。』

『チャイナマーブルって知ってます?』

『チャイナマーブル?なにそれ?知らない。』

『この位のまん丸い飴なんですけど。
 えぇ~、知らないんだ。結構ポピュラーな
 お菓子でしたよ。』


『聞いた事ないなぁ。』

『昔からあると思うけどなぁ。すっごい長持ち
 する飴なんですよ。有名ですよwww


『中国から来たお菓子?』

『そっちのチャイナじゃなくって、陶磁器のチャイナ
 なんですよw
 あっ!そっちのチャイナと一緒かwww』


『陶磁器みたいにつるっとしてて、大理石みたいに
 硬いって意味じゃないかな。』


『へぇ~。』

『わぁ、全然知らないし、興味薄って感じじゃない
 ですかwww』


食べ物 チャイナマーブル


そんなゲストの一杯目は
『フォアローゼスブラック』のロック


sake51


いっつもお母さんが買い置きしてくれていたお菓子。
茶箪笥の扉を開けると、常にそこに居る。
それぞれの家や、子供、もしくは親の好みによって、
お菓子の種類は違って来るんでしょうけど。

ポテトチップ、かっぱえびせん、おせんべい、
キャンディー、ゼリー、チョコレート etc

最近は、歯に悪いからとか、食事を食べなくなっちゃう
と言った理由から、お菓子をおやつに出さない、なんて
お家もあるみたいですね。

実際、私の家も、親がスナック菓子をあまり食べない
人だったので、買い置いてはくれて無かったなぁ~w
子供としては、あそこの扉を開けたら、いつも
「おやつさん」が居てくれる、という安心感が、たまらない
訳なんですけどねw

何だか懐かしいなぁ~。
「茶箪笥」なんて言葉も、代物も、今じゃ聞かないし、
あまり見なくなっちゃいましたもんねw

『夢』

GUEST’S WORD

「楽しみにしてる秘かな」


男性ゲストの一言。

初めていらした男性ゲスト。
早い時間にお一人で、ゆったりとした丁寧な
物言いと、笑顔が素敵な。
お話しを伺って行くと、仕事やお名前や、幼い
頃過ごしていた所や、微妙に重なる所が有っ
たりしてw
出会いは面白い。

『こんばんは。 初めて伺うんですけど宜しい
 ですか? 一人なんですが。』


『いらっしゃいませ。』

『こんばんは♪』

『こちらはバーボンを沢山扱ってらっしゃるん
 ですよね。懐かしいなぁ~w』


『お好きですか?』

『学生の頃よく呑みましたw』

オーダーを済まされて落ち着くと
『私の父が元々こちらの人間で、身体を少し
 悪くしたのをきっかけに、私たち家族も戻って
 来たんですよ。』


『そうなんですか。』

『今までは、仕事で海外や国内を色々移動して
 いて忙しかったんですけど、もうすぐ定年なん
 で幼い頃過ごしたところに戻ってこようかと
 思いまして。
 お二人は、地元の方なんですか?』


『僕は北海道で、彼女は東京なんですけど、
 地元ではないんです。なっw』


『そうですかぁ。僕も中学高校と私学に行って
 しまったので、地元と言っても友達や遊んで
 いた所が少し遠くてねw』


『どちらなんですか?』

『広尾の方で…。』

『とっても優秀な学校じゃないですか!私も
 小さい頃、有栖川公園とかでも遊んでました♪』


『そうでしたかw僕も中学が終わると良くwww
 中央図書館は、当時、中学生は使えなくてね。』


お仕事の話を伺っても、又共通する話題が有った
りと、盛り上がってお話しさせて頂いていると、ふと
『もうすぐ娘も二十歳になるんで、連れて来たいなぁ。
 ちょっと遅い子供なんですけどねw』


『是非ご一緒に!』

『可愛くて仕方がないんじゃないですかw』

『そうなりますかねw
 定年後の、楽しみにしている秘かな夢の一つです。』


『素敵ですね。』

『いやいや、親バカですw
 今夜は本当に美味しいお酒を頂いて、これも何かの
 ご縁ですね、これからも宜しくお願いします。』


親子 ライオン


そんなゲストの一杯目は
『メーカーズマーク』のロック


sake57


生まれたばかりの娘さんのいるお父さんが、
「この子と呑める様になるまで後何年だろう?」なんて
考える事は中々無いですよね。その前に考えたり、思
ったり、想像することって沢山有りそうですもんねw
でも、後、二年したらこの子と呑みに行けるんだという
タイミングにまでなると、現実味が有って、その日が来る
のを楽しみにされるんでしょうね。

お父さんにとって娘さんは、特別な存在でしょうし、考え
たくはないでしょうがwいつかはお嫁に行ってしまう。
行かなきゃ行かないで、心配になりもするんでしょうが、
ゲストの中には真剣に「嫁になんて行かなくたっていい
んだよ!家に居ればw嫁に行ったって、嫌なりゃ帰って
くればいいんだしw」なんて、無責任な話をしているパパ
さんも、実際いたりしてwww

まぁ、そのくらい特別に可愛いと思ってくれてる、唯一
無二の存在であることに、変わりはない訳です。

「二十歳になったら、パパとBARで呑みたいなぁ。」
なんて言う、魔法の言葉を言ってみてw
その日からパパ達は、その素敵な日を指折り数えて
楽しみに、待っていてくれるでしょうから♪

『準備万端』

GUEST’S WORD

「忙しくなる前に」


男性ゲストの一言。

週末に初めてご来店のゲスト。
お住まいは、近所といっても歩いて10分は
かかりそうな所。
わざわざ、当店を見つけて来て下さったには
何か訳が有るはずw

『いらっしゃいませ。』

『こんばんは。』

メニューをご覧になって、ボトル棚をゆっくり
眺めて、まずは一杯目のオーダー。

『今日は、下の看板を見て寄って下さったん
 ですか?』


『通勤の時に通るんで、看板は気になって
 いたんですけどw今日は、検索してこちら
 に伺いました♪』


『有難うございます。じゃ、お近くなんですね。』

『そうですね、歩いて10分位かな。』

『まぁまぁな距離は有りますねwww』

『ですねw もともと僕、バーボンが好きで、
 これから1ケ月位は仕事が無茶苦茶忙しく
 なって呑めなくなっちゃうんで、忙しくなる前に、
 今夜は好きなお酒が呑みたくてw
 検索したらこちらはバーボンに特化してらしゃる
 みたいだったので♪』


『そうなんですよ、うちは9割バーボンって言っても
 いい位w』


『嬉しいです♪』

『こちらこそ、バーボン好きな方に来て頂けて、
 嬉しいです。』


『一山超えたら、絶対また伺いますから♪』

『はい!お待ちしてますね。戦の前にバーボン呑んで、
 準備万端で来週から頑張って下さいね。』


『ですね、頑張ります!』

気持ち 準備


そんなゲストの一杯目は
『ブラインドアーチャー』のストレート


sake アーチャー

4月・5月と忙しくなる業種って有りますよね。

各セクション、業種、業界によってそれぞれ、ギュっと
仕事が立て込んで、休日も潰れてしまうのが当たり前
な状態が続く時期。何年か同じ仕事を続けていると、
それがいつから始まって、いつ頃終わるのか、もう
すっかりおなじみですって感じになってて、心の準備も
しやすくなりますよね。

忙しくなる前に、自分にエールを送ってあげる為の
美味しいお酒。やり遂げて、達成感の中、至福な気分
で呑む、お疲れ様の好きなお酒。
そんなお酒を静かにバーで、自分だけが知ってる機微
に乾杯♪大人だからこそ出来る、いい時間ですよね。

« Prev|Top|Next »

HOME

QRコード